会長挨拶

今年度のクラブ運営方針

2018-2019年度会長 宮野 守

 

松戸西ロータリークラブ会長に就任するにあたり、会長就任への率直な気持ちと会員の皆様へお願いを申し上げます。

 ロータリークラブは、私に様々なことを教えてくれました。信頼できる友人の大切さと信頼できる生涯の友人を与えてくれました。事業面においても「孤の奉仕」に重点を置き、自身の地力の成長とともに「和の奉仕」へと広げていくこと。個人の幸福を考えるためには、大きな視野で世の中を見渡すこと。人からも認められるロータリアンとなることを目標にしてきた私が、クラブを代表する会長に就任できたのも、松戸西ロータリークラブの仲間、第12分区の仲間たちに引っ張ってこられたお陰様と感謝しております。

 私自身、「会員拡大」を今年度の最大目標に、松戸西ロータリークラブの会員を現在の29名から3名以上、総数32名以上を具体的な目標に掲げたいと考えております。2年後に控える創立35周年には、創立時の36名で迎えたいと願っております。会員の皆様のご協力を衷心よりお願い申し上げます。

 今年度、RI会長バリー・ラジン氏のRIテーマは、「BE THE INSPIRATION(インスピレーションになろう)」であり、その意味として①直感からのひらめき②瞬間的に浮かぶ思いつき。

 私は、会員各位が初心に戻り、行動を持ってロータリーの奉仕と親睦を深め、新しい友人(新入会員)達と、出席が楽しい例会運営と会員が活力と価値観を共有しあえる松戸西ロータリークラブを目指すことこそ、BE THE INSPIRATIONと解釈します。

 一年間、楽しいロータリーライフを一緒に創造しましょう!